髄膜炎治療ガイド

 
髄膜は頭蓋骨と脳の間にある3枚の膜、すなわち軟膜、クモ膜、硬膜からなっています。この軟膜とクモ膜の間にクモ膜下腔という場所があり、そこは脳脊髄液でたっぷりと満たされています。この髄膜に細菌やウイルスが侵入すると、髄膜炎になります。

髄膜炎で代表的なものは「無菌性(ウイルス性)髄膜炎」と「細菌性(化膿性)髄膜炎」です。後者の方が頻度は少ないけれど、重症化し、後遺症が残ることが多いようです。

原因は細菌やウイルスが感染することによって、その原因菌が喉や器官の粘膜につき、それが血液の中に入ってしまい、頭の中の髄膜に達してしまうことによります。体力が弱っていたり、もともと弱い高齢者や子供の場合に多く見られます。

症状は発熱、嘔吐、頭痛が主で、首が曲がりにくい(項部硬直)なども挙げられます。意識障害やまひ、けいれん、眼球の圧痛なども見られます。

治療は入院し安静にすることです。嘔吐には絶食と輸液の点滴、発熱には解熱剤投与、頭痛には鎮痛薬投与という対症療法が中心です。細菌性髄膜炎の場合はただちに抗生剤の投与を行います。

髄膜と脳は隣り合っているので、いつの場合も脳炎の可能性を考えて治療をしなければなりません。

てんかん、学習障害、難聴などの後遺症を残すこともあるので、症状が治まった後も、定期的に脳波の検査などをするべきでしょう。